七夕の集い(№116)

7月7日木曜日、今日は七夕祭り。以上児さんは、遊戯室に集まり七夕祭りを楽しみました。はじめにやぎさんときりんさんの音楽の発表がありました。よく練習してあったので、とても上手でした。きりんさんは、鈴、タンバリン、カスタネット、トライアングルを使った合奏と歌でした。やぎさんは、手に綺麗な飾りを付けて、ボディパーカッションと歌できらきらぼしの演奏をしてくれました。

そのあとは、絵本の「10ぴきのかえるのたなばたまつり」の劇を職員と実習に来ている総合看護学校の学生さんと長田中学校の職場体験の生徒さんも加わって演じてくれました。園児は楽しく観ることができました。

劇の後は、笹飾りの短冊にどんなお願いを書いたかを発表してもらいました。「空を飛びたい」とか「コロナが終わっていろんな所に行かれますように」というものもありました。園長は、「すくすくふたばのこども達が仲良く元気で成長しますように」と書きました。

さて、七夕の夜に星は見ることができるでしょうか。晴れ予想なので見られたらいいですね。

 

 

 

 


きりんさん プラネタリウム遠足(№115)

6月15日水曜日、きりんさんが楽しみにしていた「こども交流センター」へ行きプラネタリウムを観たり遊んでくるバス遠足でした。9時半頃、しっかり準備を整えて、出発。バスが、発車する時、うさぎさんややぎさんがいってらっしゃいーと手を振って見送りをしてくれました。バスは、市街地を通り、武蔵ヶ辻、尾張町、広坂と走りやがて法島町の「こども交流センター」に到着。すくすくふたばの部屋を用意していただき、持ち物を置いて、館内探索、ゲームなどで楽しみました。時間がきたので、プラネタリウムへ。玄門寺幼稚園のお友達と一緒に投影を楽しみました。空の色が刻々と変わり、やがて暗い星空になりました。椅子の背もたれが倒れ、みんなで天に繰り広げられるお話を聞いたり見たり、空から凄い雨が降ってきたり、空がグルグルと周り、思わず歓声が出てしまいそうでした。織姫と彦星の星を星座の中から見つけたり、最後には、土星までひとっ飛び、土星の輪の中に入ったりと、後で「楽しかったー!」と話す子が多くいました。中には、ぐっすりと寝てしまった子もいましたが、心地よかったかと思います。今日は、久しぶりのバスでの遠足は、とても記憶に残るものになったようです。お昼を食べて、外の広場で遊び、帰園の途につきました。


今年初めての収穫です(№114)

きりんさんが年長さんになって、これまでの先輩達が取り組んできた野菜作り。なかなか雨の日が続かなかったことから、苗の成長が心配でしたが、少し見ない間に大きく育ってきました。今日は、きりんさんの初めての収穫で大きなきゅうりが1本と小さなピーマンが1つ採れました。事務室まで見せに来てくれました。給食室に持っていき、きりんさん全員分に切ってもらい、お昼にそのきゅうりをみんなで食べました。最初の収穫の味はどうだったでしょうか。

毎年、園のフェンスにつたって実をつけるブラックベリーも花をつけてるので、今年も沢山実が収穫できると思います。野菜もブラックベリーも楽しみです。


5月避難訓練をしました(№113)

5月27日金曜日、くもりのち晴れ。今日は、5月の避難訓練をしました。先月の訓練は、非常ベルを聞いたら騒がず先生のところに集まるという内容でした。今回は、更に非常口まで移動するという内容でした。午前10時、園内に非常ベルが響き渡りました。ベルの音に泣き出してしまう子、おろおろしてしまう子もいましたが、さすが2階の以上児さんは、静かに集まっていました。遊戯室で遊んでいたクラス、クラスで主体的遊びをしていたところでは、いろいろいな遊びの道具が散らかっていましたが、先生のところに集まり待機していました。やがて、先生の誘導で非常口まで行って避難する時の園外への出方を確認していました。次回は、いよいよ園外の避難場所まで避難する訓練になります。


やぎさん 初めてのサッカー教室(№112)

5月20日金曜日、雲が多くどんよりとした天気でしたが暑く感じました。今日は、やぎさんが初めてのサッカー教室の日でした。上下の体操服に身を包んでピンクの帽子を被り水筒をもって臨みました。沖田先生は、ずっとすくすくふたばのサッカー教室を担当してくださっている先生で、こども達からの人気も高い先生です。厳しさより楽しさを教えていただける先生なので、失敗しても「できるできる。がんばって!」とやる気をおこしてくださいます。今日は初めての日だったので、楽しくサッカーボールに親しむ内容でしたが、1時間の中で徐々にサッカーらしい、手を使わない、足でボールを操りゴールする楽しさを感じていたようです。終わりに近づいた頃にきりんさんが公園に来て、しばらくやぎさんの様子を見ていました。きりんさんと交代して、やぎさんがしばらくの間きりんさんの様子を見て、園に入りましたが、玄関で「楽しかったー!」「できたよ!」という言葉が多く聞かれました。これから月に一度のサッカー教室が楽しみになってくれればと思います。