がんばるぞっ!サッカー教室(きりん・やぎ)(№24)

7月最後の日、31日。ようやく各地で梅雨明けのニュースが聞こえ、北陸の梅雨明けも間近ですね。青空が見えてきて、絶好のサッカー日和でした。サッカーを教えてくださる沖田先生は、子ども達からも好かれています。時々、先生が見せてくれるサッカーの技にびっくりすることもあります。先生の指示に従って、サッカーの基本を練習することと、簡単なミニゲームを楽しみます。きりんさんは、沖田先生は2年目なので、サッカーらしくなってきた感じです。やぎさんは今年度からなので、始めたばかりです。なかなか外での運動となると集中が欠けそうになることもありますが、少しずつ慣れていってくれればサッカーの楽しさも分かってくれると思います。これからが楽しみです。


毎回楽しみにしている英語交流(№23)

30日、月に一度のライアン先生が来る日。英語交流の日でした。子ども達(きりん)は、英語交流が大好きです。園では、英語の歌やゲーム、絵本読みなどを通して英語に触れる機会を持っています。先生は大好きなライアン先生。その時間は、英語で会話するというより、発音をまねてみたり雰囲気をつかむことが大切で、失敗は当たり前です。でも、終わった後は「楽しかった」とライアン先生とgood‐byeします。来月も楽しみにしていることでしょう。


7月の避難訓練(№22)

  

コロナ感染症感染拡大の為、年間計画で予定どおりに出来ていなかった避難訓練。今日は今年度2回目の避難訓練を実施しました。今日は2回目なので、放送をしっかり聞く、近くの避難口まで静かに移動することが目的です。今日は、雨も少し降っていましたので、遊戯室で活動している子が多かったのですが、放送が鳴ると保育士の周りに集まって静かにしていました。外では水遊びをしている子達もいましたが、しゃがんで放送の指示を待っていました。2階の廊下では、以上児さんが出口に向かって移動していました。児童クラブの子達も夏休みに入り、一緒に参加しました。次回は、いよいよ外に出る訓練になります。


コロナの時代〜手洗いチェック〜(№21)

   

7月22日(水)、かねてより実施してみようと考えていました「手洗いチェック」をしました。きりんさんを対象に手洗いチェッカーローションを使い、手にローションを塗り、手洗いを入念にしました。手をブラックライトにかざしてみると、どこに洗い残しがあるか一目瞭然!実際に洗い残しを確認できるので、子ども達も手洗いの重要さと手洗いの重点が分かったと思います。子ども達の反応は、絶句!言葉を失う!「あまりにローションが残っていてびっくりした」残っていたのは、手の甲、指の間、爪の先と際、手首です。手のひらはまずまず綺麗でした。「早くコロナウィルスを無くしたいと思う」という声が多くありました。家でも、話題にしていただき大切な手洗いの仕方を家族で確認していただければと思います。


踊った・踊った・みんなで踊った!(№20)

7月17日、爽やかな天気でした。雨降りがずっと続き、室内で練習してきた盆踊りは、今日、素晴らしい天気の下で子ども達が踊り、みんなが踊り、子ども達が躍動しました。「子どもソーラン節」「月夜のぽんちゃらりん」「おてもやんサンバ」「まんまる音頭 わっ」の4曲を続けて踊りました。どの曲もテンポ良く、何回踊っても飽きずに楽しく踊ることができる曲で、こども達は大好きです。きりんさんは浴衣や甚平、やぎさんとうさぎさんは体操服で踊りました。躍動した姿が写真から伝わってきますね。うっすらと汗がにじんできて、4曲が踊り終わりました。未満児さんも公園に踊りを見に来て、中には一緒に体を動かしている様子も可愛かったです。終わりに「盆踊り、楽しかった人ー?」ときくと「はーい!」とみんなが手を上げました。みんなで踊った楽しい盆踊りでした。