とんと人形劇「どろぼうがっこう」がやってきた(№5)

    

山の村はずれに泥棒学校という変な学校がありました。泥棒学校の校長先生は、世にも名高い「くまさか とらえもん」校長先生です。校長先生は、「勉強に励んで一番悪い泥棒になるように」と生徒達に言って聞かせます。すると、生徒達はとっても元気な返事で、「はーい」「へーい」「ほーい」・・・と答えます。学校が終わると、校長先生は生徒達に宿題を与えます。その宿題とは・・・、明日までに何か泥棒をしてくることです。生徒達は校長先生の話を聞き終わると、とっても元気な返事で、「はーい」「へーい」「ほーい」「わかりやしたー」・・・と言って帰っていくのでした。翌日、生徒達がやってくると・・・さて、生徒たちは何を盗んできたのでしょうか・・・それから続く、可笑しくて楽しい泥棒学校のお話。続きは、お子さんから聞いていただければと思います。
子ども達の写真からうかがえると思いますが、お話の世界に素直に入っていき、身を乗り出して観ている様子や、少し怖いシーンでは、縮こまって観ているなど様々です。事前に、絵本を読み聞かせしているので、分かっているお話が人形劇ではどのように演じられるのか、興味津々だったと思います。子ども達と人形劇を楽しむ良い時間でした。


親子で卒園アルバム作り(№4)

2月17日(火)、年長のきりんさんは親子活動をしました。これまで、保育園で作ってきた「卒園アルバム」を今年度は親子で作ろうという企画で準備を進めてきました。そして、親子活動当日、楽しいゲームで盛り上がったところで、テーブルをセットして親子で準備した写真のレイアウトやアルバムデザインをしました。小さいひよこさんからの誕生日の写真を順番に貼り付けていくと、その成長ぶりに親子で大きくなった感動を写真から感じているようでした。それぞれの親子で工夫したものを見せ合ったり見に行ったりして作業が進みました。このアルバムは、一度家に持ち帰り、仕上げて保育園に持ってきます。家で更に良い仕上がりになることでしょう。アルバム作りの後は、楽しい会食会でした。美味しいお弁当に会話も弾み、いろんなことを学んだりたくさん食べておおきくなったことなど、各テーブルから話が聞こえてきました。親子活動の最後はみんなで写真を撮り、キメポーズ「双葉町子供の〜イエー!」できめました。


交通安全教室とその応用編です(№3)

今朝は今冬一番の冷え込みでした。路面が凍結して車はノロノロ運転、随所で渋滞がみられたようでした。保護者の皆さんは、順調に職場に到達できたでしょうか。保育園では、以上児さんを対象に、金沢市歩ける交通推進課の皆さんのご指導で「交通安全教室」を開催しました。何故交通のきまりを守らなければならないか?それは、自分の命を守るため。チャイルドシートやジュニアシートはきちんとしていますか?家の人が「近くやからしんでもいいよ」と言っても必ずするように!それも、自分の命を守るためだからね。お話を聞いた後は、実際に模擬横断歩道や歩行者用信号を使って渡り方を練習しました。「へーっ。そうだったのか!」と唸ったのは、横断歩道を渡るときは、右を見て左を見てもう一度右を見て手を挙げて渡りましょう・・・ここまで今までの理解の通りでした。新しく教わったのは、横断歩道を渡る時、半分までは右の方の車を見ながら、中ほどを過ぎたら、今度は左の方の車を見ながら歩きます!!そうすれば、確実に安全に横断歩道を渡ることができます。良い学習をすることができました。
きりんさんは、その後、姉妹都市公園まで散歩に出かけましたが、早速、交通安全教室の実践編となりました。みんな、しっかり守って歩いていたので良かったです。


給食は美味しい! 里芋をいただき、早速お昼に食べました(№2)

今日の『ふわふわわーるど』で「れすとらん」のオムライスを本物だと思って口に運び、硬い硬いといっていた子がいて、それくらい本物らしく作ってあったのだと感心するとともに、食べようとした子も子どもらしいと思いました。『ふわふわわーるど』が終わったあと給食となり、今日の献立は、子ども達が大好きなチリコンカン、里芋の煮っころがし、白菜のおかか和え、キウイフルーツ、さつまあげの味噌汁でした。どれも美味しくて、今日も給食が美味しいなあと幸せな気持ちになりました。献立の中の里芋の煮っころがしの里芋は朝に保護者の方からいただいた里芋でした。ありがとうございました。新鮮で美味しそうだったので、早速お昼に食べました。ごちそうさまでした。


楽しかった『ふわふわわーるど』(お店屋さんごっこ)(№1)

   

2月6日(木)はきりんさんが準備して全園児が楽しみにしていた『ふわふわわーるど』が開催されました。10時少し前にスタートして、2階の会場には、園児であふれました。4つのコーナーがありました。「からおけこーなー」では、選曲すると伴奏が流れます。モニター画面のような装置があり、曲目により背景の絵が変わるようになっています。カラオケに行ったことがあるのでしょう。よく再現されていました。パプリカの伴奏に乗って、マイクを持って歌ったり、踊ったり、打楽器で伴奏したりしてみんなで盛り上がりました。1階まで楽しい歌が聞こえました。可愛く色塗りされた「ふわふわわーるどちけっと」を持って受付すると○のしるしを付けてくれます。「れすとらん」に行くと、色とりどりの料理やデザートがあり、ちけっとを見せるとトレイをくれます。そのトレイに好きな料理をのせてテーブルに行きます。上手に作ってありました。お腹がすきました。「しゃてきやさん」もそうですが、夏祭りや保育園祭りでのゲームコーナーの様子が経験値としてよく生かされていました。射的の的がたくさんありましたが、なかなか当たりません。ようやく射的の方法を理解して当たり出すと面白いように当たり、景品までもらえます。一番奥の部屋は「こんちゅうかん」です。毎日、LaQ(ラキュー)で遊んでいるので、昆虫やヘビを作るのはお手の物。中に入ると、木にはクワガタが張り付いています。中には喧嘩しているクワガタ同士もいます。途中でタガメに扮したキリンさんが幕の下から急に現れびっくり!これは、お化け屋敷の変化形か。ともあれ、いろいろ工夫して、全員が楽しんだ会でした。きりんさんありがとう。